忍者ブログ
農産物ファンドってご存知ですか?商品ファンドによる次世代投資信託の農産物ファンドです。 ジムロジャースの農産物ファンドから、商品ファンドへの投資まで次世代投資信託についての資産運用をご紹介します。
sponsord link
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原油の下落、世界景気後退によって商品市況の高騰もかなり収まってきているようですね。

そりゃ、原油が下がれば農作物の生産コストも下がるし、そうなってくると農産物ファンドの価値も下がるってモンですね。

まぁ、仕方ないと言えばそうですね。
PR
農産物ファンドも順調に推移!他のファンド情報は
こちらのブログ村 投資信託にて~!

エタノールの原料となるトウモロコシの高騰が続いています。 

というのも、エタノールの需要増に伴って、トウモロコシの供給が追いついていないという事になっている。

 このトウモロコシの高騰から、他の商品への高騰へとつながっているようです(汗)

ますます、農産物ファンドの期待が持てそうな展開になっています。 以下の記事ですね! 
エネルギー政策優先か、それとも食料確保か-。

世界最大の石油消費国であり、農業大国でもある米国が、
トウモロコシをめぐって揺れている。  

米国の商品先物市場で、トウモロコシが歴史的な高値水準で推移し、
家畜飼料や食材価格上昇を通じて食料品全般が値上がりする懸念が広がっている。 

トウモロコシ
は石油代替エネルギー、エタノールの原材料で、エタノール需要の伸びが品不足を招いているかっこうだ。

ステーキ牛肉やピザなどが値上がりして、市民の食卓を直撃する恐れがある。  

もともとブッシュ大統領がトウモロコシなど代替燃料の普及拡大でガソリン消費量の削減を
打ち出したのがきっかけだが、すぐに米国内でのトウモロコシの増産は難しく、
当分は品薄状態が続くとみられている。  

米国産トウモロコシの最大輸入国である日本も、価格上昇の余波をもろに受けそうだ。
今後、畜産物にかかるコスト値上がりは避けられない情勢だ。  

シカゴ商品取引所のトウモロコシ相場は在庫水準の低下や収穫見通しの不振を
手掛かりに昨年10月中旬に1ブッシェル(約25キロ)=3ドル台に乗せた。 

やはり世界的なエネルギー問題となってくると、やはり農業ファンドにますます期待が
持てそうな展開なっています。

 う~ん、トウモロコシ高騰とは、今まででは考えられない展開になってきましたね。 

なるほど参考にします!と言う方は1クリックして頂ければ
ブログ村 投資信託でランキング上昇します。

HOME
投資信託ランキング

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑↑↑
あなたの1票で
ランキングが上昇します!

ブログ内検索
プロフィール
HN:
農産物ファンドマスター
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/09/16
職業:
投資家
趣味:
野菜作り、株式投資
自己紹介:
農産物ファンドの研究と、農産物などの商品ファンドの研究を日々没頭しています~!野菜作りをしながらお気楽投資生活の様子もたまに書いたりしちゃいます。
リンク
ランキング
リンク
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 農産物ファンドで商品投資信託 All Rights Reserved