忍者ブログ
農産物ファンドってご存知ですか?商品ファンドによる次世代投資信託の農産物ファンドです。 ジムロジャースの農産物ファンドから、商品ファンドへの投資まで次世代投資信託についての資産運用をご紹介します。
sponsord link
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

農産物からガソリンの代わりになる
エタノールを精製するというのが

農産物ファンドの基本でした。
しかし、最近では太陽光発電が人気です。

でもよくよく考えれば、農産物自体が太陽の光で育つわけで
農産物も太陽エネルギーなのです。

太陽エネルギーで育ったものを
エネルギー転換させてエタノールにする。

でも、直接、太陽光エネルギーを電気に転換させる。
こっちの方が早くてエネルギー効率が早いですよね。

その意味でも、最近、技術の進歩とともに
太陽光発電が人気なのもわかります。

凄いなぁとただ思うばかりです。

今後のますますの技術進化を
楽しみにするばかりです。
PR
バイオエタノールは燃焼時に放出される二酸化炭素が光合成によって取り込まれたものなので、大気中の二酸化炭素総量に影響がないため地球温暖化対策に有効なエネルギー源として注目されている

現在のバイオエタノール製造は、サトウキビやとうもろこしの糖質や澱粉質など食用と同じ部分を原料としている。

日本では、沖縄県でサトウキビから、新潟では米からバイオエタノール製造が行われている。

ここにきて、食料の供給に対しての不安などの理由からそれらの原料以外からの製造法が模索されている。

稲藁など、食用に供さない植物の葉や茎などのセルロース類からバイオエタノール製造が進められている。

また、とうもろこしなどを原料とする製造法よりも木屑や草の主成分であるセルロースからバイオエタノールを製造する方が原料費はかなり安くつく計算になる。
とうもろこしなどの原料に含まれるグルコースを発酵させてエタノールとして精製してできたものをバイオエタノールといいます。

バイオエタノールの原料であるとうもろこしなどは、成長過程で二酸化炭素を吸収しているため、燃焼時に発生する二酸化炭素は排気量としてみなされません。

ですから、バイオエタノールバイオマス燃料としてガソリンの代替燃料として注目されています。地球温暖化対策として日本国内でも力を入れています。

バイオエタノール先進国のアメリカではバイオエタノール用のとうもろこしの生産が飛躍的に伸びています。

今後の問題点としてはとうもろこしの需要は大きくなっていき、とうもろこしそのものの価格やとうもろこしを原料とする他の食物の価格高騰、又、とうもろこし畑への転作により、他の作物へも価格高騰の余波が指摘されています。
植物から作られる軽油の代替エネルギーのことをバイオディーゼルと言います。

バイオエタノールであっても二酸化炭素は発生しますが、バイオディーゼルはバイオエタノールと同じく植物から作られるため、生育段階で吸収された二酸化炭素が大気中に返されるため、二酸化炭素の排出は排気量とみなされません。

既にブラジルでは08年から軽油にバイオディーゼル燃料を2%混ぜることが義務付けられています。

また、バイオディーゼルは食用油からも生成されます。
日本国内では、廃油を利用してバイオディーゼルを作っています。

バイオディーゼルは製油後の大豆かすなどは養鶏用のえさとしても活用できます。

バイオディーゼルはバイオエタノールとともに京都議定書で地球温暖化ガスの排出抑制燃料として期待されています。
バイオエタノールは環境にやさしいエタノールとして注目されています。

バイオエタノールの原料の植物は成長過程において二酸化炭素を吸収するため、燃焼時に発生する二酸化炭素は排気量としてみなされません。

原料の一つであるサトウキビの世界最大の産地がブラジルです。

自動車の各メーカーでは、ブラジル向けにバイオエタノール100%で走れる自動車の投入の予定があるそうです。

現在ブラジルでは『E20』と呼ばれる20%混合物比までのバイオエタノール混合ガソリンが利用されています。

ブラジルではバイオエタノール需要拡大により、トウモロコシ畑を開拓するためアマゾンの森林が大量に伐採されている問題もありますが、熱帯雨林が大量に放出しているメタンの削減効果も考えられています。

まさにブラジルはバイオエタノール・バイオガソリンの先進国です。
とうもろこしなどの植物から作るバイオエタノール燃料を自動車燃料として利用する計画に、政府、民間が本腰を入れ始めました。

具体的には、バイオエタノール燃料への優遇税制などが検討される見通しです。

バイオエタノール燃料は植物などを発酵させて作るアルコールの一種で、ガソリンに混ぜることで、自動車燃料として使えます。

バイオエタノールの原料である植物は二酸化炭素を吸収して育つため、燃やしても二酸化炭素は増えないということになります。

日本は昨年4月に定めて「京都議定書目標達成計画書」で、2010年度までに原油50万キロリットル相当分をバイオエタノール燃料で賄うこととしている。

ガソリンより製造コストがかさむため、バイオエタノール燃料の普及はなかなか進んでいませんが、日本では沖縄県で実験的な研究が進められています。

バイオエタノールはサトウキビやとうもろこしなどの植物を原料とするエタノールのことです。

バイオエタノールはバイオマス燃料としてガソリン代替燃料として現在注目されています。

バイオエタノールの原料の一つであるサトウキビ生産が盛んな沖縄県でバイオエタノールの利用が進んでいます。

日本政府は沖縄振興策の目玉として、エタノール生産の財政支援を予定しています。

環境省は沖縄・宮古島のサトウキビからエタノールを抽出し、08年をめどに島内の全車両をエタノール混合燃料に置き換えることを考えています。

また、宮古島では食品産業やホテル。飲食店などから排出される廃油をバイオディーゼルとして再利用しています。

将来、沖縄のバイオエタノール混合燃料が採用された自動車が、沖縄だけではなく日本中の道路で利用されるでしょう。
投資信託ランキング

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑↑↑
あなたの1票で
ランキングが上昇します!

ブログ内検索
プロフィール
HN:
農産物ファンドマスター
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1978/09/16
職業:
投資家
趣味:
野菜作り、株式投資
自己紹介:
農産物ファンドの研究と、農産物などの商品ファンドの研究を日々没頭しています~!野菜作りをしながらお気楽投資生活の様子もたまに書いたりしちゃいます。
リンク
ランキング
リンク
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 農産物ファンドで商品投資信託 All Rights Reserved