忍者ブログ
農産物ファンドってご存知ですか?商品ファンドによる次世代投資信託の農産物ファンドです。 ジムロジャースの農産物ファンドから、商品ファンドへの投資まで次世代投資信託についての資産運用をご紹介します。
sponsord link
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オバマ大統領が掲げているグリーンニューディール政策が実行に移されて新しいエネルギー産業として革命を起こす事となれば・・・


穀物を利用したバイオエネルギーや太陽エネルギーや風力エネルギーなど、もっと自然に目を向けたニューエネルギー産業が発展していくかもしれません。


2000年に起きたIT革命でアメリカ経済は復活を見せる形になりましたが、今回のサブプライムから始まる金融バブル崩壊でアメリカ経済はあらたなる経済革命を必要としています。


それが農産物も活用する方策の一つでもあるオバマ大統領が掲げるニューディール政策がどうなるか?この政策実行に有無は今後の日本経済の未来にも大きく関係してくるところだと思います。


太陽光エネルギーなどは日本の技術も先行している部分もあり、また水発電システムなど日本企業が今後活躍できる技術はグリーンニューディール政策の実行にも大きく関係しています。


オバマ大統領の就任後にこの政策の実行への動きを注目していきたいですね。
PR
原油の下落、世界景気後退によって商品市況の高騰もかなり収まってきているようですね。

そりゃ、原油が下がれば農作物の生産コストも下がるし、そうなってくると農産物ファンドの価値も下がるってモンですね。

まぁ、仕方ないと言えばそうですね。
農産物ファンドも順調に推移!他のファンド情報は
こちらのブログ村 投資信託にて~!


今、なぜ農産物ファンド(投資信託)なのか?
そして、大投資家のあのジム・ロジャーズがなぜ注目するんでしょうか?

実はこれには理由があるんです。

いま世界の農産物市場では、中国、インドなどの人口増加によって
これまで経験したことがない大規模な構造変化が訪れようとしています。

農産物の供給が足りなくなっていると言うだけでなく環境問題・原油高などから農産物を原料とするとうもろこしやさとうきびなどのバイオ燃料の必要性が高まり中国を中心とするBRICs諸国が高い経済成長を続ける中で、農産物への需要は世界規模で増加しています。


この世界的な農産物の需要と言う所で、ジム・ロジャーズが目を付けたと言っても良いでしょう。

また農産物の世界的な問題として、異常気象の多発などにより農産物の生産は高まる消費に追い付かず、2000年以降、消費量が生産量を上回る傾向が強まっています。


その結果、1986年度に約35%あった世界穀物の在庫率が、2006年度には1/2以下の15%台にまで低下し、「食糧危機」といわれた1970年代前半の低い水準にまで落ち込んでいます。 

日本にいると全くわからない世界の農産物状況ですが・・・
つまり、農産物に対しての見方が全く変わってきているという事なんです。


食料という側面の農産物だけでなく、エネルギーと言う意味での農産物です。
ジム・ロジャーズが農産物ファンドを作ったのも良くわかりますね~!

これからの次世代投資は、この農産物ファンドが益々注目されてくる事は間違いない。と確信を持っています。

さすが、ジム・ロジャーズの大投資家と言う感じですね。
目の付け所が世界的にです^^;

なるほど参考にします!と言う方は1クリックして頂ければ
ブログ村 投資信託でランキング上昇します。

農産物ファンドも順調に推移!他のファンド情報は
こちらのブログ村 投資信託にて~!

バイオエタノールとは、サトウキビやとうもろこしを植物原料とするエタノールのことです。

原料の植物に含まれているグルコースを発酵させエタノールとして精製します。

バイオエタノールは原料が植物なので、植物自体が既に二酸化炭素を吸収しているから、燃焼によって発生する二酸化炭素は理論的にはゼロとなります。

問題点としては、他の作物よりも収益の大きいバイオエタノール原料作物に転作することにより、オレンジや大豆の高騰、また、バイオエタノールの原料そのものの価格高騰をも招いています。

日本では沖縄県ではバイオエタノール原料であるサトウキビ生産が盛んなため、<strong>バイオエタノール</strong>の実験場として利用されています。

バイオエタノールは酸化炭素排出抑制効果が期待できることから、石油代替燃料として注目されている。

やっぱり時代は農産物ファンドという気がしますね~!

なるほど参考にします!と言う方は1クリックして頂ければ
ブログ村 投資信託でランキング上昇します。

農産物ファンドも順調に推移!他のファンド情報は
こちらのブログ村 投資信託にて~!

「あれ?あと少しで燃料切れだ。」

「ちょっとそこのスーパーでサラダ油を買って“給油”しよう」。


ロサンゼルスでは実際に、こんな光景がみられるらしい。
本当なのか!?という疑問があるが本当です!

最近、バイオガソリンなるものが注目されているが、これぞ究極のバイオ燃料では?

と思ってしまうのがサラダ油(植物油)で走るバイオ燃料車です。

このバイオ燃料車は、特にハイテクを駆使しているわけではなく、中古のディーゼル車の部品にフィルターを取り付けただけだ。

このローテク環境車は、環境やエネルギーをめぐる複雑な議論をよそに、のんびりとロスの街を快走しているのです。

この話を聞いて、うん?サラダ油(植物油)って1リットルいくら?
と普通に思ってしまいました。

で確認してみたら、1リットル200円くらいはするみたいです。
こう考えるとそれほど経済的なメリットはないと言う感じです。


ですが、このサラダ油(植物油)ってのは、レストランや飲食店からでる廃油からでも燃料変わりになるらしいのでそういう意味では、経済的にかと言うところです。


いずれにせよガソリンよりも排ガスもクリーンらしく
このサラダ油(植物油)を燃料にする話ってのもまんざらでもなさそうです。

このサラダ油(植物油)の原料もやはり穀物であり農産物ですね。

そうなってくると、トウモロコシやサトウキビに限らず、
植物油も値上がりしてくる展開になるのでは?

とひそかに農産物ファンドへの期待もさらに高めています。

なるほど参考にします!と言う方は1クリックして頂ければ
ブログ村 投資信託でランキング上昇します。

農産物ファンドも順調に推移!他のファンド情報は
こちらのブログ村 投資信託にて~!

エタノールの原料となるトウモロコシの高騰が続いています。 

というのも、エタノールの需要増に伴って、トウモロコシの供給が追いついていないという事になっている。

 このトウモロコシの高騰から、他の商品への高騰へとつながっているようです(汗)

ますます、農産物ファンドの期待が持てそうな展開になっています。 以下の記事ですね! 
エネルギー政策優先か、それとも食料確保か-。

世界最大の石油消費国であり、農業大国でもある米国が、
トウモロコシをめぐって揺れている。  

米国の商品先物市場で、トウモロコシが歴史的な高値水準で推移し、
家畜飼料や食材価格上昇を通じて食料品全般が値上がりする懸念が広がっている。 

トウモロコシ
は石油代替エネルギー、エタノールの原材料で、エタノール需要の伸びが品不足を招いているかっこうだ。

ステーキ牛肉やピザなどが値上がりして、市民の食卓を直撃する恐れがある。  

もともとブッシュ大統領がトウモロコシなど代替燃料の普及拡大でガソリン消費量の削減を
打ち出したのがきっかけだが、すぐに米国内でのトウモロコシの増産は難しく、
当分は品薄状態が続くとみられている。  

米国産トウモロコシの最大輸入国である日本も、価格上昇の余波をもろに受けそうだ。
今後、畜産物にかかるコスト値上がりは避けられない情勢だ。  

シカゴ商品取引所のトウモロコシ相場は在庫水準の低下や収穫見通しの不振を
手掛かりに昨年10月中旬に1ブッシェル(約25キロ)=3ドル台に乗せた。 

やはり世界的なエネルギー問題となってくると、やはり農業ファンドにますます期待が
持てそうな展開なっています。

 う~ん、トウモロコシ高騰とは、今まででは考えられない展開になってきましたね。 

なるほど参考にします!と言う方は1クリックして頂ければ
ブログ村 投資信託でランキング上昇します。

農産物ファンドも順調に推移!他のファンド情報は
こちらのブログ村 投資信託にて~!


農産物からエネルギーが生まれる?
そんな訳がないだろう?」



実はこの真偽には、農産物からエタノールと言うエネルギーが生まれると言う所からきています。

という訳で、本日は農産物と原油に代わるクリーンエネルギーとして注目されているエタノールについて少しお話をしたいと思います。


※ エタノールとは、農産物などの原料を発酵・蒸留して製造し、主にガソリンと混合して使用されます。


このエタノールと混合させる事によって、ガソリンの消費量を減らす事が出来るのです。これによって環境汚染にも役立つだけでなく、二酸化炭素排出削減に効果的な燃料として世界中の国々で導入を急いでいます。


各国政府は、この次世代エネルギーのエタノールを中心とするバイオ燃料の使用量拡大を図る政策を下記のように次々と打ち出しています。


■ 2005年 アメリカエネルギー政策法

■ 2007年1月 ブッシュ大統領一般教書演説

■ 2007年1月 欧州委員会

■ 2007年2月 バイオマス・ニッポン総合戦略推進会議


これだけ見るといかに注目されているかがわかると思います。
先日、日本でもバイオガソリンなるものが販売開始になりましたね。


あれも農産物からできたエタノールなんです。


現在では、トウモロコシ1ブッシェル(約25.4Kg)から約10リットルのエタノールが生産されます。


そんな訳で今農産物は、食料としてではなく、次世代エネルギーの原料としての需要が高まってきています。


世界最大のエタノール生産国であるアメリカでは、税制を優遇するなど数々の政策を施し、生産の促進を行っています。


アメリカのエタノールは、大部分がトウモロコシから製造されるため、トウモロコシへの需要が年々高まり、世界最大のトウモロコシ輸出国でもあるアメリカが、この調子でエタノールの製造を続けていくと、輸出に回す余地がなくなり、トウモロコシ価格に波乱をもたらす要因になると懸念されます。


実はこのエタノールの需要から、トウモロコシやさとうぎびの商品価格が
先物商品市場で高騰していると言う事実があるのです。


こう言った事が背景としてあるのも、農産物ファンドをジム・ロジャーズが手がけ始めたと言うのも非常に納得間があるところです。


やはり受領と供給のバランスで考えれば、次に投資するべきものが何であるか自然とわかってくるというところですよね。


そういう意味で農産物ファンドはこれからが熱いです。


なるほど参考にします!と言う方は1クリックして頂ければ
ブログ村 投資信託でランキング上昇します。

 

投資信託ランキング

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑↑↑
あなたの1票で
ランキングが上昇します!

ブログ内検索
プロフィール
HN:
農産物ファンドマスター
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1978/09/16
職業:
投資家
趣味:
野菜作り、株式投資
自己紹介:
農産物ファンドの研究と、農産物などの商品ファンドの研究を日々没頭しています~!野菜作りをしながらお気楽投資生活の様子もたまに書いたりしちゃいます。
リンク
ランキング
リンク
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 農産物ファンドで商品投資信託 All Rights Reserved